岐阜市の歯科・歯医者・インプラント|りお歯科クリニック

岐阜市の歯科・歯医者・インプラント|りお歯科クリニック

インターネット初診予約
インターネット問診票

専門医による根管治療(歯内療法)

  • 現在のご予約空き状況
  • 本日のご予約はお電話でお問い合わせくださいませ。

「りお歯科」の提供する、専門的な根管治療(歯内療法)

歯の根っこの悩み

歯の根っこの悩み
・歯を抜きましょうと言われた
・根っこの治療をしているが、何回通っても終わらない。
・いつも同じところが痛んだり腫れたりする

上記のようなお悩みで「歯の根っこの治療がうまくいかなかった方」は少なくありません。

安心できる専門医による治療

根管治療の専門医
歯を救い、歯を残す治療をしたはずがなかなかうまくいかないほど歯の根っこの治療「根管治療」は難しいといわれています。

一生自分の歯と、仲良くおつきあいするためには、歯を支える土台としての根(根管)の処置がとても大切なのです。
当院の「根管治療」では、 根管治療の専門医と万全の設備と技術で、みなさんの歯を更に長生きできるよう治療させていただきます。

お悩みの方は、ドクター・スタッフまでお気軽にご相談ください。

通常治療との質の違い


精度の高い治療を望まれる患者さまのために、それを提供できる環境を整備しております。

歯内療法(根管治療)を希望される方

診察を希望される方、診察内容を詳しく知りたい方、ご予約・ご相談をご希望される方は、以下のページへお進みください。

根管治療とは

根管治療というのは、一般的にはあまり耳馴染みのない言葉かもしれません。
いわゆる、「根っこの治療」と言われるものです。

ENDO(エンド)治療
「神経を抜きましょう」とか「根っこの先で感染してしまっているので再治療しましょう」とかって言葉で表現されます。
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
それを僕たち歯科の世界では総称して、『歯内療法』や『ENDO(エンド)治療』と呼びます。

この「歯内療法(根管治療)」、大きく分けると2通りのケースがあります。

① 「抜髄(ばつずい)」と呼ばれるもの
② 「感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)」

とよばれるものです。

抜髄(ばつずい)とは

1番の「抜髄」はその名の通り、神経を抜くという作業です。この場合、歯の中にある神経は感染していません。虫歯による刺激だったりで神経が炎症を起こしている「歯髄炎」という状態です。
この時、神経は死んでいません。

冷たいものがズキズキ沁みる、熱いものが沁みる、寝る時に脈を打つように痛い・・・
などと形容されるような状態のことが多く、直接触ると気絶するぐらい痛い状態のこともあります。
従って麻酔が必要になる治療です。

感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)とは

2番の「感染根管治療」はこれも名前の通り、根っこの中が感染してしまっている状態を改善する治療を言います。根管というのは本来神経が入っている部屋のようなものを指します。
このケースでは感染を起こして神経は死んでしまっています。
あるいは一度抜髄治療をして、なんらかの原因で再感染が起こり、根っこの先の骨の中で膿んでしまったりしているケースがあります。
この時は一般的には噛んで痛い、叩くと響く、どんより痛むといったいわゆる鈍痛と表現されることが多いです。無症状のこともあります。
一般的に麻酔は必要としません

なんとなく分かっていただけたでしょうか?
細かく分けるともっと細分化されるのですが、この根っこの治療を総じて歯科では「根管治療」と呼びます。

感染根管治療の難しさ

この根管治療という治療、歯科の治療の中では大変メジャーな治療の1つなのですが、かなり難しい治療の1つでもあります。

何故か・・・ 見えないからです。

小さな歯の中に穴を開け、手探りで神経を取ったり、感染を取ったりしていきます。
ある意味、経験がものを言います。
再治療のケースではその穴が硬いお薬で塞がってしまっているケースもあり、それを除去しなくてはいけません。
通常は細い針金のような「リーマー」とか「ファイル」と呼ばれる器具で治療を行います。
専用の電極に繋ぎ、微弱な電流を感知する機器で根っこの先までの距離を測りながら治療を進めます。

歯は部位によって神経の数、根管の数がさまざまです。
前歯はたいていのケースで神経は1本ですが、奥歯になると3本であったり、4本であったりします。
また真っ直ぐ神経が入っている場合だけでなく、複雑に湾曲していたり、枝分かれしていたり、先の方でくっついてしまっていたりもします。
それを手探りで治療するのです。

どの歯科医師も一生懸命治療するのですが、それでも、完璧に治療できるケースばかりではありません
ましてや再治療となると尚更です。
ここが難しいと言われる所以です。

日本と欧米諸国との違い

しかも保険給付の範囲内で行おうとすると、出来ることも限られており、時間もかかります。
しかしそこまでの手当もありません。
日本の保険制度では無理があるのです。
欧米諸国と比べると、日本の保険制度では圧倒的に安価な治療を強いられているのが現状です。
これはすべての日本の歯科医師が思うジレンマでもあると思います。

ENDODONTIST
欧米ではこの根っこの治療だけを専門におこなう歯科医師が多くいます。
「ENDODONTIST」と呼ばれています。
もちろん治療費もものすごく高い。
その代わり時間を取って質の高い治療を提供するのです。
日本の保険制度というのは、ある意味においては世界に誇れる大変素晴らしい制度です。
しかし必要十分な治療を提供できる制度ではないのです。

当院でも「精度の高い治療」を受診可能です

そこで、、当院でもその精度の高い治療を望まれる患者さまのために、それを提供できる環境を整備しました。

僕の友人でもある、「今井 照雄」先生を招聘いたしました。
今井照雄先生
この今井先生は、北海道大学歯学部の出身で歯内療法の専門医であります。
歯内療法の専門の医療機関で研鑽を積まれました。
今井先生は歯科医師なのですが、一般の治療は行わず、歯内療法(根管治療)しか行いません「ENDODONTIST」です。
歯内療法学会の専門医資格を持っていらっしゃいます。
認定医というのはそれほど難しくなく取得できるのですが、専門医の資格は簡単には取れません。
歯内療法に関してそれほど突き詰めた技術を持っている、歯内療法(根管治療)に特化した歯科医師なのです。
2020年1月から月に1度、「りお歯科クリニック」に来てくれています。

保険で行う根管治療との違い

すでに多くの患者さまが今井先生の治療を受けられています。
では、保険で行う根管治療と、今井先生が行う根管治療はなにが違うのか?

まず、今井先生の歯内療法(根管治療)治療では100%、「マイクロスコープ」という機械を使います。
マイクロスコープ
このマイクロスコープ。医科のオペではわりと使われているケースもあるのですが、歯科医院での普及率はわずか5%程度だと言われています。
かなり高額な医療機器で、当院のマイクロスコープもシステムをいれると1000万円をかるく超えます。しかしとても優れた器材なのです。
視野を拡大する顕微鏡とも呼ばれる装置なのですが、20倍まで拡大できます。
指紋の皺の中まで見えます。
20倍まで拡大できるマイクロスコープ
当院のものは医科用ではなく、歯科専用に開発されたマイクロスコープで、マイクロの世界では最も有名なドイツの「Carl Zeiss」社製のものを採用しています。
これを用いて根管の先までを視野に入れながら治療を行います。
もちろん角度によっては直視できないところもありますが、そこはミラーを用いて治療を行います。
このミラーを用いてというのも、一見簡単そうに見えますが非常に難しく、高度なミラーテクニックが必要になります。
コンマ何mmといった世界で器具を動かしていくのです。
その場合、呼気や唾液が邪魔になるので、治療する歯以外をすべてシートで覆ってしまいます。
これをラバーダム防湿と言います。
ラバーダム防湿
このラバーダム防湿もほぼ行います
そしてここでは細かくなってしまうので書きませんが、専用のさまざまな器具を使って治療を行っていくのです。

先ほども言いましたが、根管内は非常に複雑です。
以前の不良な治療で根管内で器具が折れて残存しているケースもあります。
感染が激しいケースもあります。
それらを丁寧に改善していくのです。

根管治療のご予約と料金

しかし、この治療には大変時間がかかります。
そこで、今井先生の治療はお1人さま、最低1時間のアポイントを確保いたします。

1日の診療の中で、MAX8人までしか治療を受けていただけないことになります。
完全予約制での治療になります。

そして、申し訳ありませんが、「自費治療」となります。
保険の範囲ではどうしてもここまでのことはできない治療なのです。
良い材料を用いての良い治療というのは、国は補償してくれません。
どうかご理解いただけるとありがたく思います。

料金としましては、

診断料 20,000円
基本治療 (前歯)60,000円
(小臼歯)80,000円
(大臼歯)100,000円
トリートメント 5,000円

となります。
「基本治療」は最終的なお薬が入るまで、根管治療が完了するまでの治療です。ここにはレントゲン代なども含まれます。
「トリートメント」は2回目以降のお薬交換の金額です。
多くの場合、ほぼ2回で治療が完了しますが回数が重なるとトリートメント代がかかります。

治療をスタートしようとして、根っこが破折してしまっているケースが稀にあります。
その時は基本治療代はかかりません。
しかし、診断料はかかってしまいますことをご了承ください。

詳しいお話は治療前に必ずさせていただきます。
ご理解の上で、希望される患者さまにのみ、この治療を行います。

マイクロスコープ化での治療を全て録画
また治療中はマイクロスコープ下での様子をすべて録画しております。
患者さまにはそれを見ていただきながら、ご説明いたします。

歯を残したい方、大切に考えられている方には、最良の治療を提供できる環境だと僕たちは思っております。

分からないことや、興味がありましたら、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

根管治療 治療例の動画

症例集で、いくつかの今井先生の治療例を倍速でお見せいたします。
普段見ることのない映像だと思います。
すべて当院で行った今井先生の治療例です。
根っこの先から折れた器具が出てくる様子や、根管内がどんどん綺麗になっていく素晴らしい技術をご覧になっていただけると思います。
 
丁寧な洗浄から、根管内にある異物の除去

徹底的な感染の除去と消毒、トリートメント

感染を除去して最終的なお薬を充填する様子