岐阜市で歯医者をお探しなら口コミ1位のりお歯科クリニックまで

岐阜市で歯医者をお探しなら口コミ1位のりお歯科クリニックまで

滅菌徹底主義

  • 本日のご予約はお電話でお問い合わせくださいませ。

徹底滅菌主義

高いレベルの滅菌・消毒

滅菌機
「りお歯科クリニック」では、滅菌・消毒について高いレベルで取り組んでいます。

一般的に医療機関では「オートクレーブ」と呼ばれる高圧蒸気滅菌器が使われます。それ以外に薬品による消毒も一般的です。
「りお歯科クリニック」にはオートクレーブも含め3台の滅菌器が稼働しています。
しかも当院で使用しているオートクレーブは歯科よりも高い基準が求められる医科用の滅菌器です。他にも紫外線滅菌器などがあります。

医院独自の高度な滅菌方法

滅菌パック
当たり前のようで当たり前じゃない、歯科医院の滅菌方法

当院では、全てのタービン(歯を削る道具)やコントラ、5倍速コントラ、ストレートハンドピースも1本ずつ滅菌しています。
もちろんタービンやコントラに付けるバー(実際に歯に触れるところ)などもすべて個々に滅菌しています。

他にも見落としがちなCR(歯に詰め物をすること)に使用されるインスツルメントやRCT(根っこの治療)に使用される洗浄器具もすべて個々に梱包されて滅菌されています。
もちろんスケーリング(歯石取り)に使用される器具も滅菌されていますし、外科器具、基本セットなどもすべて個別に滅菌パックに梱包されています。

これらは一見すると、当たり前のように思われるかもしれませんが、実は当たり前のことではないのです。
国の制度としては、滅菌に関する補償はまったくありません。
それぞれの医院が独自にコストをかけて行っているのです。

高度な滅菌の必要性

滅菌機
高度な滅菌は医療機関では必須

僕が学生の頃、また勤務医だった頃は基本セットの滅菌すらしていない歯科医院はたくさんありました。
タービンやコントラを滅菌するなんて見たこともありませんでした。

ですが、やはりスタンダードプリコーションの立場から鑑みると、高度な滅菌は医療機関では必須であると感じます。

高度な滅菌に掛かるコスト

滅菌機
しかしながら、滅菌を徹底するとかなりのコストがかかるのは事実です。
当院のオートクレーブもそうですが、中には100万円をかるく超えるオートクレーブもあります。
滅菌パックも毎回すべてディスポーザブルなので1度使ったら破棄になります。
1日に何百枚といった滅菌パックがゴミになります。
滅菌には時間がかかりますから、ストレスなく器具を使用しようとすればかなりの個数の器具を予め用意しておかなければなりません。
タービンやコントラなどは1本10万円を超えるものもたくさんありますから、それを10本以上揃えればかなりの金額になります。
歯科用グローブ
歯科用グローブも患者さまごとに当院では変えていますので、歯科医師・歯科衛生士・アシスタントを合わせて100枚入りのグローブBOXが1日に4箱以上消費されます。1箱800円ほどのコストとしても1日に3000円以上。ということは、月に6万円。年にして70万円。
10年で700万円以上がグローブ代として消えていくのです。
ここに関しての国からの補償は全くありません。
 
 

徹底した滅菌による本当の「安心」を提供できる環境を


当院では、コストが多くかかっても安心を提供できる環境にこだわります。

先ほど説明したように滅菌に掛かるコストは結構掛かります
コストを削減したくなる医院さんの気持ちも分かります。(笑)
ですが、多くの先生方は医療従事者というプライドの元、真摯にそのコストをかけていらっしゃるのです。
そこを患者さまがたにもご理解していただけると、とても嬉しく思います。

また、滅菌にはスタッフたちも気をつけて一生懸命取り組んでくれています。

当院には滅菌専任のスタッフたちが居てくれます。
そして診療スタッフも細かいところの清潔に気を遣い、感染を防いでくれています。


レストランに並ぶナイフやフォーク、果たして滅菌されているでしょうか…?グラスやコップは、ディスポなのでしょうか…?
美容院で使うハサミやブラシは、消毒されているのでしょうか…?

多くの疑問を投げかけたくなることもありますが、「りお歯科クリニック」は当院を信頼して通ってくださっている患者さまのために、コストが多くかかっても安心を提供できる環境にこだわっていきます。
そして、これからもスタッフみんなで真摯に診療に向き合っていきます。