岐阜市の歯科・歯医者・インプラントで口コミ多数|りお歯科クリニック

岐阜市の歯科・歯医者・インプラントで口コミ多数|りお歯科クリニック

予防歯科

  • 11月14日 火曜日10:00/10:30/11:00/11:30/12:30 15:30/16:00/16:30
    11月13日 月曜日15:00/15:30/16:30
    本日のご予約はお電話でお問い合わせくださいませ。
    11月2日 木曜日12:00/12:30 15:30/16:00/16:30
    11月10日 金曜日12:00 16:30
  • Slide image
  • Slide image

長い間治療お疲れ様でした!


治療が終わるまで期間が長かった方も、そうでなかった方も治療お疲れさまでした!
「あーやっと終わった」って、皆さんご安心されていると思います。
「これでもう歯医者に来なくていい」と・・・ですが、ちょっとお待ちください!
私たちは患者さまにはもう2度と辛い治療を受けないでずっと健康で居て欲しいと願っています。
健康になった歯を、これからもずっと良い状態で長く保ち続ける為に3ヶ月に1度だけ時間を作って、歯医者さんに通うことは難しいことでしょうか?
あなたのお口の中の健康は私たちが、お守りいたします!
ぜひ3ヶ月に1度の『定期健診』にお越しください。

どうして定期健診をするのか


「予防の時代」「早期発見」「定期健診」と各医療機関で謳われているのを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
歯科業界もしかり、今は昔と違って『予防の時代』で虫歯を治すだけではなく、定期健診を行っているところがほとんどです。
しかし歯医者の定期健診と言ってもピンと来ない方が大半でしょう。
そこで定期健診を受ける大きな2つの理由についてまとめてみました。

1.虫歯の予防、早期発見、早期治療


虫歯は大きくなればなるほど治療に時間がかかり、削る範囲も大きくなってしまいます。
「削って治るなら、それで良いのでは…?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、皆さまに知って頂きたいことは、歯は削った分それだけ歯の寿命が縮むと言うことです。
虫歯を治した歯こそ、虫歯になりやすいのです。(2次う蝕と言います。)
1番長持ちする歯は、全く虫歯になったことのない歯なのです。
ですから、「虫歯になったら削って治せばいい」という古い考え方ではなくて、「もう2度と虫歯を作らないぞ!」と患者さまには思っていて欲しいのです。

もし、痛みが出ていたり、自覚症状が出ていたりすると、歯の中では大きな虫歯になってしまっていることもあります。その場合、歯の大切な神経や、歯そのものを抜かないといけなくなることもあります・・・

りお歯科クリニックの定期健診では、虫歯を見つけることに長けた歯科衛生士が、小さな虫歯から虫歯になりそうな歯まで見つけ、ドクターに報告をします。
場合によっては治療をしたり、虫歯の大きさによっては経過観察をすることもあります。
プロの目で早期発見することは重要な虫歯予防のひとつになるのです。
そして早めの対処が、お口の中を良い状態で保っていくことに繋がるのです。

2.歯周病の予防

成人の約90%が歯周病にかかっています。
「歯周病って良く聞くけど、イマイチ分かりにくい」そんなあなた。
この症状どれか1つでも出ていれば、あなたは立派な歯周病です。

1.歯茎から血が出る 2.歯茎が腫れる 3.歯がしみる 4.歯茎が下がる
5.口臭がする 6.噛むと痛い 7.歯が浮いた感じがする 8.歯がグラグラする 等

特に「歯茎から血が出る」のは、歯周病の大きなサインです!
健康な歯茎からは血が出ません。歯茎が炎症を起こしているから出血するのです。
そんな様々なサインを放っておくと、最終的に歯がグラグラになって抜けてしまうこともありますので注意してください!

歯が抜けたら「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」

歯は抜けた後そのままにしておくと、噛み合わせが崩れてしまうので必ず何かの処置をしなければなりません。
歯がなくなってしまった部位の治療には、大きく分けて「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」という3つの方法があります。


■ 入れ歯
まず今まで通りは噛めません。
咀嚼率(噛む力)は本物の歯の30%ほどしかありません。違和感も大いにあるので、今までのように美味しく食事ができないと考えて頂いた方が良いです。
「歯が抜けてしまったら入れ歯にすれば良い」という考えだと、入れ歯にした後で大きな後悔をすることになるかもしれません。
 


■ ブリッジ
一見すると歯が復活したように見えますが、支えになっている歯の負担が大きいので、将来的に周りの歯もダメになる可能性
が高いです。
その場合、周りの歯も含め入れ歯になってしまう可能性もあります。
 


■ インプラント
違和感も少なく見た目も良いので、とてもよく噛める最も良い治療だと言えますが、自費治療になりますので料金が高額になるのと歯が入るまでの期間がかなりかかります。

このように、歯が抜けてしまった後の治療はとても大変なものです。
お年を重ねても、ずっと自分の歯で美味しく食べ物を食べていただくことが、
1番の幸せだと私たちは考えています。
 

歯周病の原因はお口の中の汚れです


さらに細かく言うとお口の中の細菌が原因です。お口の中には何億という数えきれないほどの細菌がいます。
その細菌たちが歯茎に炎症を起こし、歯茎が腫れて歯周病になります。
歯周病を防ぐためには、歯の周りについた汚れ(細菌)を除去する必要があります。
「え?じゃあ歯磨きすればいいんじゃない?」
そうですね、半分正解です!
しかし歯磨きだけでは取れない汚れがある事も、
知っておかねばなりません。

歯磨きで取れない汚れの種類

1.歯周ポケット内の汚れ


歯の周りには「歯周ポケット」という溝があることをご存じでしょうか?
この歯周ポケットの中に、細菌(特に歯周病菌)がたくさんいるわけですが、歯周ポケットの中に歯ブラシは届きません。
歯周病が進行している方はさらに歯周ポケットが深いのでなおさら磨けません。

2.歯 石


歯についた汚れがお口の中のカルシウムと反応して硬く石のようになってしまったものです。
硬くて、しかも歯周ポケットの中に入り込んでいるものもあり、歯磨きでは絶対に取れません。
そしてその歯石は細菌の巣になってしまうのです。

3.バイオフィルム


バイオフィルムは細菌の集合体のことです。
細菌が出した物質がネバネバしているので、歯ブラシでは落とせません。
バイオフィルムが付いていると表面に汚れが溜まりやすくなり、歯周病や虫歯になりやすくなります。
pmtc

1.2.3.の汚れはいずれも歯科医院で定期的に除去する必要があります。
歯磨きでは絶対に取れない汚れがですので、定期的に歯科医院に通い、プロによるプロフェッショナルなケアを受ける必要があるのです。

《定期健診を2回に分ける理由》

当院の定期健診は基本的に3ヶ月に2回お越し頂きます。
(患者さまのお口の中の状態によって変わります)
2回に分けて定期健診を行う理由は、時間をかけて、たくさんのことを行うからです。

1度目の定期健診では歯周ポケット内の汚れの除去、主に歯石取りをメインに行います。
そして2度目の定期健診では、歯の表面のバイオフィルムを除去し、歯に汚れが
付きにくい処置を行います。最後には歯茎のマッサージを行い、歯茎の血流を良くする
ことによって、歯周病を予防します。これだけたくさんのことをすることによって、
歯の汚れが付きにくくなり、虫歯や歯周病の予防に効果があります。
他の歯科医院では味わえない、当院の定期健診をぜひ体感して下さい!

当院オススメ商品


■ ルシェロの歯ブラシ
リピーター率なんと90%以上!
1度使ったらやみつきになること間違いなし!(当院のスタッフも全員これ使ってます…笑)
毛束が小さく、歯と歯の間の細かい汚れまで落としやすいのが特徴です。
 

■ ルシェロのフロス
歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを取りきることは難しいです。
そこでフロスの登場です。フロスを使う習慣を身に付けましょう。慣れるまで難しいですが、使ってみると歯と歯の間の磨き残しの量に
驚くはず…笑
フロスなくして歯周病は防げません!
 

■ ルシェロの歯間ブラシ
歯と歯の間が少し空いている人にオススメです。
フロスとの違いはお手軽さです。
特にこのシリーズの歯間ブラシは歯ブラシに近いので、普通の歯間ブラシだとやりにくい奥歯でもスムーズにお掃除が出来ます。
当院は患者さまに合わせて4S~Sサイズまで取り揃えています。
※歯間ブラシが通らない人は無理に通さないようにしましょう。

 
■ ルシェロの歯磨き粉
虫歯予防用と歯周病予防用があります。
虫歯になりやすい人は虫歯予防用、歯茎から血が出たりする人は歯周病予防用を使うと効果的です。
分からないことがあればお気軽に歯科衛生士にご相談下さい!